以前、すごくお得な制度、ふるさと納税について紹介しました。

今、このふるさと納税が制度改正によってピンチをむかえています。
今朝のフジ「目覚まし時計」で報道していましたが、返礼品の上限を3割に抑えるよう、4月に総務省から通知が出ているようです。

この改正でふるさと納税がどのように変わるかというと、
今まで10万円を寄付すると、2千円をひいた9万8千円が翌年の住民税から控除されます。(寄附した翌年に戻ってくるイメージ)
ふるさと納税の説明はこちら

ここは変わりません。

変わったのは、10万円を寄付してもらえる返礼品の金額が「3割上限になる」ということです。

例えば、10万円寄附したら、5万円分の返礼品(米、肉、家電など)が、3万円の上限になるのです。
これは、今まで5万円-2千円で4万8千円のお得が、3万円-2千円で2万8千円のしかお得にならないという事です。

その差2万円。これは大きいですよね~。

でも、安心して下さい。
この通知は強制力はありませんので、今まで通りの返礼品を続けるという自治体もいますので、その自治体に寄付をすれば問題ありません。

しかし、ニュースによれば、そのまま続ける自治体は、今のところ2箇所だけだそうです。
その他22箇所の自治体は、現在、検討中というとです。

制度が改正になっても、ふるさと納税がお得な制度あることには変わりありませんが、できなら「3割上限」になる前に申し込みたいですよね。

私も急いでお目当ての返礼品をゲットしたいと思います。

みなさんも急いでくださいね。(^^)/