最近、ゴクゴク水を飲んだ記憶ありますか?
「水分ならコーヒー、ビール等で充分とっているよ」という方は、危険です。

「一流モデルは毎日2リットルの水を飲んでいる」などを耳にすることが多くなり、昔に比べれば水を飲む方が多くなったと思います。
家庭用のウォーターサーバーが普及率が多くなった事からもわかりますね。

私も毎日2リットル程の水を飲んでいますが、水を飲むキッカケとなった本があります。
それが「病気を治す飲水法」です。
20170510_050956924

この本は、バトマンゲリジ医学博士が薬のない戦場で胃痛に苦しむ兵士に水を飲ませるだけで症状を改善させた事をキッカケに水の重要性を研究、まとめた本です。
この本のなかで「人体の大部分の病を起こしているのは慢性の水不足である。」と記されています。

そして、肥満、関節痛、高血圧、腰痛、癌、心臓病、胃痛などの病気が水を飲むだけで改善することを科学的に説明しており、また、改善した方の感謝の手記も掲載されています。

実際、私は水を飲むまで偏頭痛に悩まされていましたが、毎日、水を飲むだけで症状が劇的に改善されました。
今では、殆ど症状がでることはなく、症状がでても軽いんです。

以前なら、鎮痛剤を飲んでも2日は痛みがひかず苦しんでいましたが、頭痛も軽く半日程度でおさまります。

その他、花粉症も改善されました。
水を飲む前は目の痒みや、鼻詰まりがひどかったんですが、年々症状が軽くなっているのが実感されます。

今では、多少、鼻詰まりになりますが、生活に目のかゆみはおさまりました。

とにかく私の場合は偏頭痛が改善した事に本当に感謝しています。
今まで、マッサージに行ったり、カイロプラティック、お灸などもやりましたが、まったく改善しませんでした。

それが、本当に水を飲むだけで改善したんですから、本当に嬉しです。

また、健康面でも安心することができました。
水を飲むことであらゆる病気予防になると知ったからです。

今、自分の健康について不安がある方は、騙されたと思って水を飲んでみて下さい。
必ず、体の変化に気づけると思います。