太宰治を知っていますかと聞かれたら、小説を読まない人でも、「はい」といってうなずくでしょう。

彼は38歳のときに女性と一緒に入水自殺をしています。しかし、太宰治は文豪としても有名で、数々の小説を書き残しています。「人間失格」、「走れメロス」、「ヴィヨンの妻」。

「走れメロス」は国語の教科書などに掲載されるなどとして、彼の没後60年経ちますが未だに人気は衰えをしりません。

何故、これほど彼は愛されているのでしょうか。

おそらく太宰治の話しかけるような言葉が共感をえているのだと思われます。

それは「女生徒」の中にも滲みでています。太宰治の累計部数は、「人間失格」が615万部、「走れメロス」が184万部と、半端ない数字でこれをみれば誰しも太宰が愛されていることがわかると思います。

太宰の作品に衝撃を受けた友人は、中学生のときに「人間失格」をよみ、自分も彼と同じように自殺をして死んでしまうと考えたそうです。

他には、芥川賞作家の綿谷りささんも同じように衝撃をうけて、今もなお読み返しさらに自分の作品に反映していると聞いたことがあります。

現在の売れ続けている小説は、太宰治と夏目漱石だけだそうです。ぜひこの機会に太宰治の小説を読んでみてはいかがですか。